東大阪の賃貸・リノベーション事業|alice home > alice homeのスタッフブログ記事一覧 > 京都日帰り旅行への巻

京都日帰り旅行への巻

≪ 前へ|私の禁煙について   記事一覧   私の禁煙成功への道|次へ ≫

京都日帰り旅行への巻

カテゴリ:



 京都日帰り旅行 




現職に就く前は旅行関係の仕事をしており

春、秋の行楽シーズンは寝る暇もないほど

忙しくしておりました。


春の桜や秋の紅葉のシーズンは

観光名所に居るのが当たり前で、

桜やもみじの見ごろといわれる

トップシーズンに京都の仕事があたると

渋滞や人混みを考えて憂鬱にさえ思っていたほどです。


本当に罰当たりです”(-“”-)”


しかしその仕事を離れてからは

観光地に出かけることもなくなり、

季節を感じるのはもっぱら

テレビのニュースからとなりました。


ここ数年は日本の情緒やわびさびとは

縁遠い暮らしをしていたものです。

 


ということで‼

 


今年もわずかとなった11月中旬、

心に栄養補給するために

京都に行くことにしました。


京都は名所ばかりでどのようなコースで

観光するか迷いましたが、今回、大原三千院は

必須とし車でスムーズに回れるコースを

組むことにしました。






☆ 行 程 表 ☆



三千院 (10:00) 昼食 ~ 瑠璃光院 (14:00) 


哲学の小径 (15:00) ~ 永観堂 (16:00) 


最後に南禅寺とざっくりですが

このコースで進めることに決めました。






 三千院 




京都市内の北部に位置しており、

古くは平安時代からたくさんの人々が

癒しを求めて訪れた場所として知られています。








静かな山々に囲まれ非日的な空間を味わえる寺院は

京都でも最強のパワースポットといわれるに

相応しくとても魅力的です。


特に境内の庭園は敷き詰められた苔の緑と

真っ赤に染められた紅葉のコントラストは

言葉を失うほどの絶景です。








また庭園のそこかしこにかわいらしい

お地蔵様が出迎えてくれます。


客殿では池泉鑑賞式庭園を眺めながら

五百円でおいしいお抹茶と羊かんを

いただく事ができます。








そして京都の観光ポスターで見たことのある

有清園(ゆうせいえん)のお庭は青苔と杉、

ひのきが美しく品格のある優美な古庭園を楽しめます。











 ランチ 



ゆっくりと三千院の参詣を終えて昼食です。


参道途中にあるお食事処、

“志野松門”(しのしょうもん)に向かいます。







立派な松の門をくぐると古民家を改装した

落ち着いた雰囲気で懐かしささえも覚えます。


メニューは新鮮な京野菜をふんだんに使った

湯豆腐のランチにしました。








普段めったに食すことのない湯葉や

生麩の上品なお味に感動しました。


初めて食べたきのこと大根の炊き込みごはんは

いつまでも食べ続けていたかったです。


食レポは下手すぎるので画像にてご想像お願いします(*^-^*)






 瑠璃光院 



ケーブル八瀬駅からすぐのところにありますが

駐車場が一カ所しかないので駐車するのが大変でした。






初めて訪れる瑠璃光院とても楽しみにしていたのですが、

リサーチ不足でした。


コロナの影響により混雑緩和のため、

完全予約制となっており参詣できませんでした。

残念すぎますが自業自得です(-_-;)


近々絶対にリベンジを果たしたいと思います。







 哲学の道 



その昔、京都に住む哲学者たちが思索にふけりながら

歩んだことからその名前で呼ばれるようになったという

“哲学の道“日本の道百選にも選ばれています。


銀閣寺~永観堂~南禅寺の川沿い1.5㎞の小径を

念願かなってゆっくりと散策することができました。







私も昔の偉人と同じようにゆっくりと歩みを進め、

秋の京都を感じることができました。


猫に出会うまでは(=^^=)







ここは猫が多いことでも知られ、

ぷっくりおっとりしたたくさんの猫が癒してくれます。


「歴史あり、景色よし、癒しあり」


とくにうまくも言えませんが

そんなキャッチフレーズをつけたいです(*´з`)


もみじの永観堂と呼ばれるおよそ3000本におよぶ木々は

紅葉には少し早かったようですが、

南禅寺の紅葉はきれいに色着いていました。







日本最初の勅願時であり日本の禅寺の中でも

最も格式高いといわれる南禅寺。


漆黒で存在感のある山門からの眺めはあの石川五右衛門が言った

絶景かな絶景かな」の名台詞通り圧巻です。






 京都タワー 




日も暮れて帰ろうと車を走らせていると、

見慣れない姿の京都タワーが出現しました。


50年以上も京都の町に明かりを灯してきた

京都タワーがリニューアルされて

幻想的なピンク色にライトアップされていたのです。







きれい~(*^-^*)


後日、京都在住の知人にお聞きしたところ、

乳がん啓発活動(ピンクリボン)のライトアップでした。


平常時はホワイトでライトアップされますが

その他啓発活動によってイエローグリーンや

パープル、オレンジ色にもライトアップされるそうです。

 

季節を問わず何度訪れても胸を打たれる古都京都。


2020年いろいろな出来事により少し疲れた心を

しっかりと潤してくれました。


2021年は地球上のみんながはんなり

と過ごせることを願います(*´ω`)








≪ 前へ|私の禁煙について   記事一覧   私の禁煙成功への道|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • Instagram
  • タイル・石工事ならアリストへ
  • スタッフ募集
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    alice home
    • 〒579-8047
    • 大阪府東大阪市桜町1-28
    • TEL/072-985-7966
    • FAX/072-968-8520
    • 大阪府知事 (1) 第062002号
      建設業許可 : 大阪府知事許可 (般-24)第138608号
      産業廃棄物処理業許可 : 収集運搬 第02700168808号
      宅 地 建 物 取 引 業 : 大阪府知事(1)第62002号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約