東大阪の賃貸・リノベーション事業|alice home > alice homeのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の対面式キッチンとは?メリットとデメリットを解説

賃貸物件の対面式キッチンとは?メリットとデメリットを解説

≪ 前へ|部屋の住みやすさは方角によって違う!東西南北ごとの違いを解説   記事一覧   IT重説とはなにか?その方法と注意点をご紹介|次へ ≫

賃貸物件の対面式キッチンとは?メリットとデメリットを解説

カテゴリ:不動産

賃貸物件の対面式キッチンとは?メリットとデメリットを解説

キッチンには主に2種類のタイプのキッチンがあります。
従来では、戸建も賃貸物件でも壁の方を向いて調理する壁付けキッチンが一般的でしたが、最近ではリビング・ダイニング側を向く対面式キッチンもおしゃれで人気があります。
今回は賃貸物件を借りるときに知っておきたい、対面式キッチンのメリットとデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の対面式キッチンのメリットとは

対面式キッチンはリビングから手元が見えにくいため、部屋がすっきりして見えおしゃれな空間を演出できるためとても人気があります。
来客がある際にキッチン周りの生活感を隠せるのも嬉しいポイントです。
リビングに背を向ける壁付けキッチンとは違い、調理する際にリビングやダイニングの様子を見渡せるため、とくに小さなお子さまやペットがいる家庭では目を離すことなく安心して料理できます。
他にも家族と会話したりテレビを一緒に見たり、コミュニケーションを取りながら料理できるため、家族団欒を楽しめます。
また対面式キッチンの壁面側は、キッチンボードなど棚を置くことで、収納スペースとして有効に活用できます。

賃貸物件の対面式キッチンのデメリットとは

対面式キッチンは、リビング・ダイニングと一体化しているため壁付けキッチンに比べて、部屋ににおいが広がりやすいのが特徴です。
とくににおいの出やすい揚げ物や焼き魚を調理する際は、換気扇や窓を開けるなどの対策が必要です。
また対面式キッチンは部屋に独立してあるため、思っているよりも部屋のスペースを多く取ります。
その分LDKが一緒になった間取りでは、リビングが狭く感じることもあります。
物件によりますが、キッチンの通路幅が狭いこともあります。
通路幅が狭いと、二人でキッチンを使うには狭かったり、収納の出し入れがしにくいこともあるでしょう。
後ろに収納スペースを作る際には、ある程度通路の広さも必要です。
賃貸物件を契約する前に、内見でキッチンの通路幅をチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

家族とコミュニケーションが取れたり、キッチンの前にカウンターがついていれば、配膳や片付けしやすいなど良い面が多い対面式キッチンです。
最近では壁付けキッチンよりも人気があり、選ぶ方も多いですが、使いにくい点やデメリットも少なからずあります。
毎日使うキッチンが使いにくいとストレスになってしまいます。
賃貸物件に長く住む予定の方は、どちらのほうがより使いやすいか比べて検討してみてはいかがでしょうか。
私たちalice homeは、東大阪市や八尾市を中心に賃貸物件を取り揃えております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|部屋の住みやすさは方角によって違う!東西南北ごとの違いを解説   記事一覧   IT重説とはなにか?その方法と注意点をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • Instagram
  • タイル・石工事ならアリストへ
  • スタッフ募集
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    alice home
    • 〒579-8047
    • 大阪府東大阪市桜町1-28
    • TEL/072-985-7966
    • FAX/072-968-8520
    • 大阪府知事 (1) 第062002号
      建設業許可 : 大阪府知事許可 (般-24)第138608号
      産業廃棄物処理業許可 : 収集運搬 第02700168808号
      宅 地 建 物 取 引 業 : 大阪府知事(1)第62002号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約